ダンテを読まずに

「文献学だけはだめですよ、文献学をやると最悪なことになりますからね⋯⋯」(イヨネスコ『授業』)

メトキテス『雑録と格言』

 13-14世紀のビザンツにメトキテス(Theodore Metochites, 1270-1332)という文人がいた。そのエッセイ集ともいうべき著作がこのSemeioseis Gnomikaiで、あえて和訳すれば『教訓論集』とでもなりそうだが、タイトルではブリタニカの記述に従った。この作品だが、希英対訳版の第一巻が2002年にスウェーデンヨーテボリ大学から出版されている。まえがきを読むと全四巻の予定らしいが、管見の限りそれ以来続きは出ていないようで、頓挫してしまったのではと思わされる。ともかく、この著作は全部で120のエッセーからなるのだが、第一巻についている目次を見るだけでもなかなか面白そうな題名が並んでいる。ここではひとまずその題名の中から面白そうなものを訳してみよう。

1. 序言。もはや何も新しいことは言えないということが示される。
4. 誰もが知的空しさに苦しんでいること
6. 誰もがみな慣れ親しんだものを好むこと
8. 賢い人間はみな皮肉屋でウイットに満ちていること。とくにプラトンソクラテスについて。
9. 自分の考えを述べるのは不可能だということ
10. 賢い人間はみな先人を軽んじていること。プラトンアリストテレスについて。
27. 人間の生への哀歌
28. 「悲しみから免れて人生を送るものはいない」という物言いについて、また、人生の転変(著者のみに降りかかったものも含む)について
31. 肉体のうちにあるものは現実の完璧な理解を得られないこと、また、このことに関する、酩酊してはいるが完全に泥酔はしていないものから得られる例証
34. 無知で愚昧なもののうちにも、教育を受けたものに劣らず幸福な生活を送り、自己評価の高いものが居るということ
41. 人はふつう過去を思い焦がれ、それを熱心に思い出すこと
54. 人はそれぞれの間で矛盾したことを言い合うだけでなく、しばしば自分自身とも矛盾するということ
55. 正しく公正な判断を行うことは人には不可能だということ
57. 財産があって成功した人を軽蔑し、哲学的態度を装う人がいるが、それは自身それを得ることができず、妬ましいからだということ
58. 人間にとって生まれたほうが良いか生まれないほうが良かったかという問題。また、生まれたほうが良いということについて。
59. ひとがしばしば自分自身について語るということ
(p. 4-19)

 これらの題名から伝わってくるのはメトキテスの懐疑的態度だ。事実、懐疑主義がそう荒唐無稽でもないということをのべるタイトルもある。メトキテスにとって、人生や思想を扱うことは人間の能力を遥かに超えることなのだろう。
そのなかでも白眉というか、衝撃的なのは、なにより冒頭の序言であろう。そこでは、あらゆることはすべてすでに偉大な先人によって扱われているのだから、今を生きるわれわれには何も言うべきことなどないということが示される。

(なにかを述べる能力があったとして)一体それをなにに使えというのか?じっさい、あらゆることはすでに誰かが取り組んでいて、われわれが今更声を上げるべき何ものも残されていないのだ。研究するのにもっとも適しているといえる、宗教的事柄でもそうだし、他の分野の、世俗的知識に属するものでもそうだ。[...]人が心動かされるようなテーマについて、何も新しいことなど言えない。誰かによってすでになされ、聞かれたことしか残されていないのだ。(p. 22-25)

しかし、メトキテスはそれでもこの著作集を出版した。その理由は次のように説明される。

しかしいま私としては、短い覚書や断片的なノートを出版するのは、あるいは全く由なしとはしないのではないか、という考えを持つに至った。そこには今に生きるものとしての私が折々に考え、結論づけたことをそのときどきに書きつけてあるのだが、 それをきいた人はたいてい同意し、その考えを認めることで裏付けてくれるのではないかと思われる。というのは読者たちも、思い巡らせるうちにこのようなことを心に考え貯めていただろうからである。 (p. 24-27)

この箇所から読み取ることができるのは、「わたし」が考え、思い巡らしたことを記述することに対する価値付けである。ここではあくまでも消極的に、仄めかすように言われているだけだが、メトキテスは自分が考えたことを記すことに価値を認めるに至っている。 それは、この後に続く記述のように、今生きる人々に課されている沈黙そのものについて語るということも含まれる。このような記述は、古代人と比肩するとまでは言えないにしても、同時代の人びとの同意は少なくとも得られるものだとされる。たとえ古代の優れた人びとによってあらゆる問題が論じ尽くされているにしても、いま、ここでわたしが考えることには何がしかの価値がある、あるいはそのような自負があったのかもしれない。

Theodore Metochites on Ancient Authors & Philosophy: Semeioseis Gnomikai 1-26 & 71 (Studia Graeca Et Latina Gothoburgensia, 65)

Theodore Metochites on Ancient Authors & Philosophy: Semeioseis Gnomikai 1-26 & 71 (Studia Graeca Et Latina Gothoburgensia, 65)